<< 2017/12 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

 

| 夢ホーム::基礎資料 | 11:59 PM | comments (x) | trackback (x) |

隣接制限【耐火構造の場合】

《記事作成中》2008/11/27調査開始

建築基準法

(隣地境界線に接する外壁)
第六十五条 防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。

(用語の定義)
第二条 この法律において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
第1項から6項まで省略

七  耐火構造 壁、柱、床その他の建築物の部分の構造のうち、耐火性能(通常の火災が終了するまでの間当該火災による建築物の倒壊及び延焼を防止するために当該建築物の部分に必要とされる性能をいう。)に関して政令で定める技術的基準に適合する鉄筋コンクリート造、れんが造その他の構造で、国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの又は国土交通大臣の認定を受けたものをいう。

七の二  準耐火構造 壁、柱、床その他の建築物の部分の構造のうち、準耐火性能(通常の火災による延焼を抑制するために当該建築物の部分に必要とされる性能をいう。第九号の三ロ及び第二十七条第一項において同じ。)に関して政令で定める技術的基準に適合するもので、国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの又は国土交通大臣の認定を受けたものをいう。

資料:不動産・測量・登記関係資料倉庫さまのブログより抜粋

| 夢ホーム::基礎資料 | 03:59 PM | comments (0) | trackback (x) |

長崎市のまちづくり【土地区画整理事業】

夢ホームの建設予定地の大波止地区の場合、都市改造を目的とした土地区画整理事業が、県の委託により 昭和37~47年の間に施行されている。 この時に、夢ホームの敷地も3メートルほど削られ、全面道路も同じく4mほど狭くさせられてしまっている。

この損失を補うためか??■建築基準法施行令『132条2項』にて、(前面道路とみなす道路等)第131条の2 土地区画整理事業を施行した地区その他これに準ずる街区の整つた地区内の街区で特定行政庁が指定するものについては、その街区の接する道路を前面道路とみなす。との項目があることを、長崎市の担当者のかたよりお聞きした。

このことにより、土地区画整理事業にて損失した道路幅を取り戻すことが出来、また、新しく大波止道路の拡張により、さらに緩和が規制されることとなる。

参考までに、長崎市が公開しているホームページ上に、詳しい航空写真があるので、そのアドレスを記載。
大波止地区・土地区画整備事業

上記をクリック

樺島町に、狭い道路なのに、何故に高層マンションが多く建っているのか?? 疑問が解けた<^!^>

| 夢ホーム::基礎資料 | 03:30 PM | comments (0) | trackback (x) |

夢ホーム建設予定地・概要(広さ、条件)

▼建設予定地・土地概要▼

▼敷地▼
  固定資産・課税床面積:115.96㎡(実測:118.3㎡

■実測図■
  図面をクリックすると大きめの図面表示。
 


↑上部へ戻る↑

 

--

メ ニ ュ ー

長崎ローカルニュース

ロ グ イ ン

モード: ゲストモード

USER ID:

PASSWORD:


◆ログアウト◆

最 新 書 込

最新コメント

分 類 項 目

過去のメッセージ

リ ン ク 集

書込者プロフ

お問い合せ

 yume@ohato.com



管理・RSS・処理




Yuki@chikA (c) 2005

POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)